室内プールと健康

室内プールと健康な生活




                                                              室内プールと健康な生活

   「室内プールと健康な生活」では、日ごろの運動不足や、ストレスの解消の

   ため室内プールを使った運動や、気づいたこと、誰もが実践できる健康な

   生活への きっかけとなる考え方を、紹介しています。



  ★さあっ!プールへ行ってみよう〜!


   室内プールといえば、みなさんは、「子供のころの思い出」といった感じで

   しょうか?私も大人になってからプールとは無縁の生活をしておりました。

   スポーツも、ほんの一年に、数えるほどでした。

   しかし、年も30才を、すぎたころになると体力的な、変化を感じはじめた

   のです。健康を気づかうきっかけとしては


    @疲れがなかなか取れない。

    A体が重い。

    B風邪が長引く。 くりかえしひいてしまう。

    C血液検査に、ひっかかる。


              というような、自覚症状がありました。

   
   このままでは、さすがにマズイ!と直感をし、何かしら、運動をしなければ

   いけないと考えました。そこで、天候に左右されない室内プールでやる運動が

   いいのでは?と思って行動に移してみました。


   幸い、近くに公営プールがあり、水着になるのも、とーってもひさしぶりです。
   どこかなつかしく感じます。

  
   いざ、水の中に、入ってみると、これがまた、何とも、居心地がよいのです。

   水の中に、浮いているいやしの感覚。
   裸の付き合いを通して生まれてくる仲間意識。
   プールならではの、醍醐味を発見できます。




   しかし、「仕事が忙しくて、プールに行く時間がない!よけいつかれるだけ!」
   という人もいるでしょう。
   


   その気持ち とてもよくわかります。 私も、そうでしたから。




   けれど、ちょとだけ、「本当に、そうかな?」と思って、一度、プールに行って
   みてください。ほんの、30分、40分でもいいのです。




   水には、癒しのパワーがあります。プールの中は日常のわずらわしいものを
   すべて、シャットアウトして、非日常的な世界にひたれます。
   普段は、水着になるのに、おっくうでも、プールに行けば、
   はずかしいという気持ちは以外に、おきないのです。




   身も心も、軽くなって、解放感を味わった後の仕事は、おそらく能率が何倍も、
   上がってくるでしょう。
   気力、体力の、充実感をみなぎらせながら。




   私も、今では、少なくとも週3回、体育の時間と思い、プールに行ってます。
   あなたも、どうか、一緒に始めてみませんか?
   いくつからでも、そして、いくつになっても
   素晴らしい「水」の世界が待ってますよ。 

   
      室内プールと健康な生活〜TOP


            水の力


      水中ウォーキング


      アクアエクササイズ


      筋肉痛について


      ストレッチについて


      ベビースイミング


      コエンザイムQ10について


      更年期への対応


      ガンの予防


      認知症の予防


      夫婦としての健康


      リンク集


      プロフィール



            



   ★運動不足がもたらすこと。


    @体力の低下・・・・老化にともない、運動不足は持久力、筋力、敏しょう性などの
                           体力要素を低下させます。


    A肥満・・・・・・・現代人の日常生活では、食べたカロリーに見合う運動をしないと
                        体脂肪がたまり、肥満をひきおこします。


  B抵抗、免疫力の低下・・暑さや寒さに対する抵抗力、細菌やウイルスに対する免疫力
                 などが低下します。
  

  C予備能力の低下・・体にそなわっている、いざというときに力を出すための予備能力
               も低下していきます。


  D運動不足病の促進・・生活習慣病の多くは運動不足が原因です。


  
  E心への悪影響・・・運動不足がストレスをためることにつながり、不眠や心身症を
                おこすこともあります。
           


★気軽に楽しもう
  
   プールにいくのは何も、修行をしにいくのではありません。「〜ねばならない」と
   決意を決めて望むものではありません。水と戯れながら楽しみながら行うものだと
   おもいます。そうしないと長続きしそうもありません。あくまで自分のペースを
   守りながら続けていくとだんだんと水が恋しくなってきます。




   こうなると、しめたものです。健康づくりの効果は必ずあらわれてきます。
   自分なりの目標も芽生えたりもします。




   日常の快適さを実体験したのなら、今度は友達をさそってみたくなります。
   それが又、長い人生を健康に生きるちからになります。
                               
TOPへもどる
Copyright (C) 室内プールと健康な生活 All Rights Rrserved

PR 離婚回避  豊胸   育毛